【通称:サチコ】googleサーチコンソールと連携する

Googleのサーチコンソールでは、「記事のインデックス」を確認したり「検索KWの分析」などが出来るようになります。

実際に記事を作成してアップしても、「インデックス」が出来ていなければ人間の目には見えていても、GoogleのAIはその記事は存在しないものと判断します。

アドセンス申請の時や、リアルタイムネタで爆発を狙いたい時などの必需品なので必ず登録しておきましょう。

 

Googleサーチコンソールの登録する手順

STEP.1
サチコにログインする

Googleのサービスなのでgmailが必要です。

まだ用意してない方はネットビジネスの必需品となりますので用意しておきましょう。>>gmailアカウント作成

 

>>サーチコンソール公式サイトを開く

 

「今すぐ開始」をクリックする。

 

新しいサーチコンソールは登録方法が2種類あります。

今回は「URLプレフィックス」の方での登録方法をご案内していきます。

 

Googleアナリティクスを設定している場合

同じGoogleアカウントでアナリティクスを設定している場合、すぐに設定完了の画面が表示される場合があります。

この場合は、一瞬で設定が完了します。

 

STEP.2
ブログとサチコのHTMLコードを貼る

通常の手順はこちら

この画面に切り替わるので、下にスクロールします。

 

「その他の確認方法」の項目にある「HTMLタグ」をクリックする。

 

HTMLのコードをコピーします。

※ここではまだ「確認」を押さない

 

次にブログの<head>〜</head>内に貼り付けていくのですが、使用しているテンプレートによっては専用の貼り付ける場所があります。(Googleアナリティクスの時と同じです)

 

SANGOの場合

カスタマイズ画面の詳細設定の中にコードを貼り付ける場所がありますので、ここに貼り付けましょう。

 

JINの場合

JINの場合は「HTMLタグ設定」に貼る場所がありましたのでここに貼りましょう。

 

テーマに専用の場所が無い場合

テーマに専用の貼り付け場所が無い場合は、通常通りのやり方である「テーマの編集(テーマエディター)」から直接貼り付ける形になります。

 

「テーマヘッダー」を開き、下画像の<head>〜</head>内に貼り付けていきます。

アナリティクスのコードがある場合は、その下に貼り付けていきましょう。

 

貼り付けが完了したら「ファイルを更新」をクリックして完了です。

 

STEP.3
所有権を確認する

コードの貼り付けが完了したら、サチコの画面に戻り「確認」をクリックする。

 

この画面が表示されたら完了です!

 

設定が反映されるまでは数時間〜数日かかりますのでしばらく待ちましょう。

 

 

サーチコンソールの使い方

記事をインデックスさせる

インデックスとはGoogleの検索順位に自分の記事を載せることです。

特に初期ブログの場合はドメインパワーが弱いので記事を書いてもすぐにはインデックスされません。

 

記事を書いたらまずは、サーチコンソールのURL検査を使ってインデックス登録をしましょう。

インデックス登録が必要な時
  • 記事を書いてアップしたとき(特にアドセンス申請前は必ずチェック)
  • 記事をリライトしたとき

 

STEP.1
サチコ上部の検索欄にアップした記事URLをコピペして検索

STEP.2

アップしたばかりの記事はこのような表示になります。

「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

セキュリティのテストが表示された場合は、指示に従い該当する写真をクリックしていきます。

該当する写真が表示されなくなったら「確認」をクリックします。

 

この表示が出たら完了です。

 

URL検査結果の画面もインデックス登録済みになれば、申請完了です。

 

 

実際の検索KWと掲載順位を調べる

安定している記事が、実際にどのようなKWで検索されているかをチェックしたり、掲載順位をザックリと調べることが出来ます。(けっこういい加減ですが、参考にはなりますw)

 

たまに、狙っていないKWで上位表示されていることがあり、穴場のKWを見つけることも出来ますので、アクセスが安定してきたらぜひ自分なりにチェックしてみましょう。

調べる2つのメリット
  • 掲載順位を調べてリライトの判断をする
  • 穴場のキーワードが見つかる

 

「検索パフォーマンス」をクリックする。

次に「平均CTR」「平均掲載順位」をクリックする。

 

「平均CTR」「平均掲載順位」に色が付きました。

これでクリック率と掲載順位を調べる準備が出来ました。

 

実際にはこのように表示されるようになります。

 

掲載順位があ、極端に圏外にある場合は思い切って記事を削除してもいいと思います。

また5〜10位前後などの記事は、少しリライトすれば上位表示を取れるかもしれませんので、その目安としてぜひ活用してみてくださいね!