サーフィンスケートボードはどれがおすすめ?選び方や練習方法もチェック!

サーフィンはどうしても波がある日でないと出来ないスポーツですが、そんなオフトレ時にサーファーはみんなスケボーを楽しんでますよね♪

調べてみると、サーフボードと一緒でボードの長さが違ったり色々と種類があるみたい><

ぞにお
僕はサーフィンの初心者ですが、スケボーはもっと初心者なので全く何が良いのかがわかりません(笑)

初心者でも簡単に練習が出来るサーフィン用のスケートボードの選び方やおすすめを調べてみました♪

また練習はどんな感じですると良いのか?についても調べてみましたので一緒にチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

サーフィン用スケボーの選び方は?

自分のスタンス幅の長さが基準?

スケボーなので、サーフボードと比べるとかなり長さは短くなります。

なので選ぶ基準の一つとして、自分のスタンスの長さによって選ぶと良いよ!という意見が一般的には多い印象ですね。

スタンス幅とは・・・

サーフボードに乗った時の足の幅のこと

ぞにお

なるほど、肩幅より少し広めという感じですね!

ターンや回転をする方は広めに1.5倍くらい取るらしい・・・

日本人男性170cmの場合の平均の肩幅は、約40cmみたいですね。

なのでスケートボードの長さは、だいたい35インチ(=約89cm)以上あれば良さそうですね。

スケボーの長さが短すぎると、自分のスタンス幅より狭くなってしまうので35インチ〜40インチの間くらいを基準にしてみると良いみたいですよ!

ショートボーダーは短めが良い?

サーフィン用のスケートボードで、長めのスケボーはスピードが出やすいという特徴以外にターンは大きめの弧を描くようになるそうです。

逆に、短めのスケボーだとターンは小さめの弧を描くようになるそうなので、ショートボードをしている人の練習用には35インチがやはり良さそうですね。

中には40インチ以上のスケボーもあるようで、ロングボーダーの方の練習用には逆に長めのスケボーを選ぶと良さそうです。

ぞにお

練習用と遊び用という観点で、自分の好きな方を買うと良さそうですね。

実際は使ってみないとわからないので、自分は35インチを買って、友達に40インチ以上を買わせようと思います(笑)

コンプリート品(完成品)を選ぶ

これは自分次第だと思いますが、初心者が初めに買うサーフィン用スケボーは買ってすぐに乗れるコンプリート品が良いみたいです!

中には、デッキやローラー(タイヤ?)が別々に販売されているカスタマイズ品もありますが、知識が無い初心者には敷居が高いので辞めておいた方が無難みたいですね^^;

 

おすすめのサーフィン用スケボーは?

上記の基準を考えながら、初心者が使用するサーフィン用スケボーはどのブランドがおすすめなのかを調べてみました。

GRAVITY(グラビティ)

 

まずはクオリティが高く、しかも低価格で手に入るおすすめのブランドがグラビティのスケボー。

1994年にアメリカのサンディエゴで誕生したグラビティは、多くのサーファーに愛されてきたブランドで、特徴としてはスラクターシステムというのを採用しているそうです。

スピードに乗った時の安定性に定評があり、このスラクターシステムは日本製らしく壊れにくいと評判のようです。

初心者から上級者まで利用できる仕様になっているので、最初の1台はグラビティスケートボードが良さそうですね。

ぞにお

なんか日本製ってだけで欲しくなるw

 

WOODY PRESS(ウッディプレス)

 

「より多くの人たちにスケート/サーフの楽しさを届けたい」というブランドコンセプトのウッディプレスは初心者でなおかつ低価格で探している人にはコスパがかなり良いです♪

ショートボードの練習用に最適な仕様となっており、初心者の方も体重移動の練習がしやすいモデルになってるそうです。

ぞにお

とりあえずスケボー試してみたい方はWOODY PRESSで、長く愛用したい、クオリティを求めたいという方はGRAVITYが良さそうですね♪

Carver Skateboards(カーバースケートボード)

 

カリフォルニアで生まれ、世界で確固たる地位を築いているブランドといえばカーバーですね!

世界で初めてトラックシステムを開発して、アメリカのプロのサーフチームでもカーバー製品を取り入れているらしくプロ御用達ブランドって感じがしますね。

値段的には少し高くなりますが、デザインがとにかく洗練されていてカッコいいのと、とにかくハイクオリティなものがいいと言う方にはおすすめのブランドですね♪

 

サーフィン用スケボーの練習方法は?

サーフィン用スケボーのメリット

サーフィン用スケボーは、普通のスケボーと違って体重移動させないと曲がらない仕様になっているものが多いです。

スケボーはチクタクさせますもんね。

これはサーフィンでの体重移動の動きと近いので、海に入れない時のイメトレにもなるそうです。

その他にも、波が乗れない時の基礎体力をアップさせるのにも良いらしく、何より疲れることで満足感が得られます(笑)

また、実際の波乗りと違って常に立った状態で体重移動の練習が出来るので、短い時間で効率の良い練習になるのも人気の秘密ですね♪

実際のサーフィンだと、波が来るまで待って、また沖までパドリングしないと次の波に乗れないですからね、回数的にはスケボーの方が圧倒的に練習になります^^;

 

練習方法について

すごくわかりやすく説明しているYoutubeを発見したので見てみましょう↓↓

 

動画ではカーバーのスケボーを使用しているみたいですね。

体重移動させる時の注意点や、膝の使い方などぜひ参考にしてみてくださいね。

平地でもちゃんと加速できているので僕も参考にして練習してみます(笑)

練習するときは、近所迷惑にならない場所にするようにしましょうね><

まとめ

今回は初心者が買うのにおすすめのサーフィン用のスケボーについて調べてみました。

実際に僕もスケボーを買ってみて、こちらのブログにレビューしてみたいと思いますので随時追記してまいりますね。

ぞにお

多分、グラビティかカーバーを買うと思います^^