サーフィン初心者|必要な持ち物や道具はこれ!予算はどれくらい?

こんにちは!

サーフィンをこれから始めようと思ってるぞにおです♪

ぞにお
とは言っても大学時代に下手くそですけど何度か行ってましたw

大学を卒業して新卒で一般企業に入社したのは良いですが、全くサーフィンに行く時間と友達がいなくてアラサーになるまで我慢を通り越して好きだったことすら忘れてました(泣)

副業で始めたインターネットでのアフィリが順調に伸びてきたので時間が圧倒的に取れるようになり、本屋さんに行ったことでサーフィン熱が再燃

かつてはサーフボードもウェットスーツなどなんでも持ってましたが、一旦全部捨てちゃいました><笑

初心者がゼロから道具を揃えるにはまず何が必要なのか?

また予算はどれくらいかかるのか?

について調べてみましたので一緒に見ていきましょう^^

スポンサードリンク

初心者がとりあえず必要なものリスト

僕がペーペーながらサーフィンをしていた時にとりあえず絶対に必要なものだけをリストにしてみました。

とりあえず絶対必要なものリスト

・車(ボードの長さによってサイズが変わります)
・サーフボード
・サーフボードケース
・フィンとフィン用レンチ
・デッキパッド
・リーシュコード
・ワックス
・ウェットスーツ(季節によって種類が変わります)
・シリコンバケツ
・ポリタンク
・ポンチョ
・サンダル
・ボードを拭く用のタオル
・セキュリティボックス(車の鍵入れ)

サーフボード

初心者が選ぶサーフボードはショートボードか、ファンボードが良いと個人的には思います。

こんなのです↓↓

 

ファンボードは、ショートボードとロングボードの中間くらいの長さで、浮力があり安定しやすいので僕みたいなパドリングが下手くそで、しかも体力が無い人には早い段階で波乗りを楽しめます♪

しかし200〜約300cmくらいあるファンボードを運ぶにはそれなりに車の長さが必要になるため、軽自動車や小さめの車の方だと室内に入れて運ぶのが難しくなります><

また大学時代に僕が持っていたショートボードは、自分と同じ身長くらいの長さで運びやすいですが、板が薄く一番浮力が無いので乗りこなすのには練習が必要で、初心者は体力もかなり消費します。

ぞにお
なので僕は同じショートボードでも、板がそれなりに厚みがあって浮力が強いものを買おうと思ってます♪

有名ブランドのものに憧れると思いますが、スピードが出やすい(厚みが薄い)玄人向けの作りになっているものが多いため、最初は安くて浮力が出やすいモデルをお店の方と相談すると良いですよ!

僕が最初に買ったショートボードは有名ブランドでプロ仕様だったことに後から気づき、しかも全く乗りこなせることが出来ませんでした(笑)

サーフボードケース

サーフボードのケースは、「ハードケース」と「ニットケース」があります。

ハードケースはこれ↓↓

 

ニットケースはこれ↓↓

ぞにお

僕は衝撃に強いハードケースを愛用していました。

サーフボードはかなり衝撃に弱いため、何万もするボードが破損することが怖かったのもありますw

しかし、波乗りを楽しんでサーフボードの海水を真水で洗い流したとにニットケースだと水分を取ってくれるので、かなり便利です!

しかし、予算的なことを考えたらまずはハードケースから用意すると良いと思ってます♪

フィンとフィン用レンチ

こんなやつ↓↓

 

 

だいたい、初心者用で購入した時にフィンは最初からセットになっていることが多いですが、ちょっと良いモデルとかを買うと付いて無い場合があります。

フィン用のレンチは、持ち運びをするためにボードケースに入れるときはフィンを取り外さないと入らない場合があるのでこれも用意しておく必要があります。

フィン用レンチは安いので、予備で何個か持っておくことをおすすめします!

ぞにお

フィン用レンチは小さくてすぐに無くなりますw

せっかくサーフスポットに到着してもフィン用レンチを忘れたことで取り付けが出来ず、友達も一緒にいなかった為、他のサーファーに借りないといけなくなるという僕みたいに恥ずかしいことにならないように注意してくださいw

リーシュコード、デッキパッド、ワックス

リーシュコードはこれ↓↓

サーフボードと自分の足を繋ぎとめておくコードです。

テイクアウトに失敗してもリーシュコードがあることで、自分の体からボードが離れていってしまうのを防いでくれます!

デッキパッドはこれ↓↓

デッキパッドはテイクアウト(ボードに乗ったとき)に後ろ足を踏ん張れるようにするための滑り止めです。

デザインが色々あるので、自分好みのものを選びましょう!

ワックスはこれ↓↓

ワックスはボードの中央付近に消しゴムみたいに擦り付けて滑り止めのポツポツを作るものです。→説明が下手(笑)

サーフボードはものすごくツルツルしてますので、パドリング中に体がボードから滑らないようにするためのものですね!

ぞにお

ちなみに自分が行く予定のサーフポイントの海水温によって、ワックスの種類は変わります。夏用とか冬用とか・・・

詳しくはサーフショップの店員さんに確認するようにしましょう!

ウェットスーツ

ウェットスーツも必需品になるのですが、これも自分が一番サーフィンに行く季節によって買うものを選ぶ必要があります。

 

とりあえず初心者の方は、フルスーツの3mmとかのモデルがあれば割と一年中楽しめるかな?と思います。

→冬は無理ですが・・・笑

真冬の場合は、セミドライスーツと言って、もっと厚みのある生地で、他にも靴やグローブなども無いと寒すぎるため、初心者は上達してから真冬にチャレンジした方が良いかもしれませんね!

ぞにお

半袖のモデルや短パンのモデルもありますが、フルスーツがやはり初心者には無難だと思いますよ♪

シリコンバケツ

 

シリコンバケツはホームセンターなどにも売ってますが、サーフィンでは必需品と言っていいくらい使い勝手がいいです♪

・サーフボードを載せてワックスを塗るとき
・帰る時に濡れたウェットスーツとかタオル入れ

主にこの2点で利用することになると思います。

サーフボードのワックス塗りをするときは、地面に直接おく訳にはいきません。

シリコン素材が良いのは、サーフボードに傷が付かないようにするためという理由もありますね!

ポリタンク

もう一つの必需品がこのポリタンクです。

ぞにお

予算があれば、こんな感じでシャワー付きのものだとかなり便利です♪

 

主な使用用途は・・・

・サーフボードの海水を落とすため
・自分を洗い流すため
・ウェットスーツを洗うため

海水にさらされたサーフボードやウェットスーツはそのままで放置しておくとかなり早い段階で傷んでしまいます。

なのでサーフィンが終わって車に戻ったら、まずは上記の作業をすることが多くなると思います。

現地にシャワーがあるのがベストですが、そうで無い場所もけっこう多い上に冷たい水しか出なかったりします。

出来れば温水を入れて保温ができるようなポリタンクがおすすめですね♪

ポンチョとサンダル

お着替えする時に必要になってくるのがポンチョ!

 

ウェットスーツを着るときに使用できるのと、海から上がった後の水分を拭き取るのにも便利です。

また、車からサーフポイントまでの移動にビーチサンダルも必須になってきます。

ビーチサンダルは海に入るときは浜に置きっ放しになるので、ブランドものではなく、無くなっても良いような安いものにしましょう。→盗む気が無くなるくらい安いのでOK(笑)

ボードを拭く用のタオル

海水を洗い流した後のボードを拭き取るためのタオルを用意しておくと良いですね。

ポンチョを使って拭くのも良いですが、出来れば体を拭くタオルとは分けたいところですよね(笑)

ぞにお
ちなみにこのときにニットケースだと濡れたまま入れることが出来るため良いですね♪

セキュリティボックス(車の鍵入れ)

 

最近の車は電子キーを使用しているものが多いです。

電子キーでなければウェットスーツに鍵を固定するところがあるのでそこに付けとけば良いですが、電子キーと一緒に海に入る訳には行かないのでこのような商品が重宝されます^^

ちなみにサーフィン行くときはお財布には最低限のお金だけと入れるようにしときましょうね><

他に持っておいた方が良い道具リスト

それでは次に、他にも持っておくと良い道具リストについてご紹介していきます。

あると便利な道具たち

・ワックス用リムーバー
・ウェットスーツ用ハンガー
・日焼け止め
・痛み止め
・ウェットスーツのインナーパンツ
・ラッシュガード
・ワセリン

・海パン
・万が一の着替え

日焼け止めはどちらかというと必須アイテムかもしれませんねw

ぞにお

最近は通常の塗るタイプの日焼け止めと併用して、飲むタイプの日焼け止めが人気を博しているようです。

痛み止めは、僕みたいに頭痛持ちなどの方は楽しくサーフィンをするために念のため持っておくと便利です。

海パンや着替えも念のため持って行くと万が一の時に良いですね♪

他のアイテムについては個別にご紹介していきます。

ワックス用リムーバー

 

主にメンテナンス商品になりますが、サーフボードに塗ったワックスは定期的に塗り替える必要がありますのでリムーバーと削り取るようのヘラも準備しておくと便利ですよ。

ウェットスーツ用のインナーパンツ

フル◯ンでウェットスーツを着ることも出来ますが、個人的にはインナーパンツを履くことをおすすめしますw

ウェットスーツを脱いだ後のシャワーを浴びる時にもそのままでいけるため、海パンと合わせて用意しておくと良いですよ。

ラッシュガード

真夏で海水温も高いときはラッシュガードを持っておくと便利です。

ボードと体との擦れ防止にも役に立ちますのでおすすめ♪

ワセリン

ワセリンも人によっては必需品ですね!

主にウェットスーツとの擦れ防止で利用します。

けっこう首回りとか、擦れて痛い!という方が多いのでワセリンは1つあると重宝しますよ^^

防水時計

意外と重宝されるのが時計。

安いので良いのでサーフィン用の防水対応時計があると、海の上で今何時なのかがわかって便利です。

予算はどれくらいあれば足りそう?

ということで、色々必要なものを挙げて行くとけっこうキリが無いくらい出てきましたねw

気になる予算ですが、まずはお金がかかりそうなサーフボードやウェットスーツもこの2つだけで10万は超えてしまいます(笑)

ぞにお
しかし、上手く安いモデルなどを組み合わせれはなんとか10万円以内で収まりそうです!

最初は安いので良いんだ(笑)

最近は楽天ショッピングなどで安いモデルがたくさんありますし、メルカリなどでも中古で良ければ必要なくなった人がボードなどアップしてるので定期的にチェックすると掘り出し物が見つかりますよ♪

とりあえず最低限の道具を揃えて、少しサーフィンをやってみてから自分の好きな道具を徐々に揃えて行くと良いと思いますよ^^

まとめ

サーフィン雑誌とか見てると「あれも欲しいな♪これも欲しいな♪」ってなりますが、まずは最低限の道具だけ揃えて、他の道具に関しては徐々に増やして行く方が上達の近道だと思ってます!

ぞにお

全部完璧に揃えようとするとお金がかかるし、道具にこだわりすぎていつまで経ってもサーフィンに行けなくなってしまうので初期の僕の二の舞になってしまいますw

これから僕もサーフィンを初めて行くので、役に立ちそうな便利グッズがあればこちらのブログで紹介していきますね♪