wpX Speedの申し込み方法|ドメイン・ワードプレス設定まで解説

STEP1:ドメインを契約する

STEP2:サーバーを契約する

STEP3:ワードプレスをインストールする

STEP4:ワードプレス&プラグインの設定をする

STEP5:各種ツールとの連携

 

大量のアクセスを集めて収益化するブログにおいて、今までwpXクラウドを愛用してきましたがサポートが2019年10月24日に終了しました。

その代わりに「wpX Speed」がリニューアル版として登場し、機能面でも大きく向上したため今後はこちらがメインサーバーを使われる方も多いと思います。

こちらの記事では、wpX Speedの申込方法について初心者さん向けに解説していきます。

 

wpX Speed|申し込み手順

STEP.1
新規お申し込みに進む

»»wpX Speed公式サイト

wpX Speedの公式サイトに入り、「お申し込み」→「新規お申し込み」をクリックする。

※開始時期によっては無料期間があります

 

STEP.2
会員情報&支払い方法

こちらでは会員情報を入力し、支払い方法の設定をしていきます。

 

  1. サーバーID:管理しやすい英数字を入力(実際には使用しないドメインです)
  2. プラン:今回は一番安いプランで設定
  3. 会員情報:必要事項を全て入力
  4. インフォメール:希望するにチェック(メンテ情報などが届きます)
  5. お支払い方法:クレカがおすすめ
  6. 各種規約:チェックする

 

各項目の入力が終わったら、規約に同意するにチェックを入れて「お申し込み内容の確認へ進む」をクリックします。

 

※備考

⑤のお支払い方法にある「チャージ支払い」ですが、上限が来るたびに支払いをする必要があり、管理面でかなり面倒になると思います。

そのため基本的には、クレカ支払いをおすすめします。

STEP.3
入力した情報をチェック

お申し込みフォームに入力した情報に誤りが無いかチェックして、問題なければ「SMS − 電話認証へ進む」をクリックします。

STEP.4
SMS・電話認証

こちらはSMSか電話のどちらかで認証する画面です。

今回はテキストメッセージ(SMS)で認証をしました。

 

お持ちのスマホに認証コードが届いたら、「5桁のコード」に入力して「確認して申込みを完了する」をクリックします。

STEP.5
申し込み完了

こちらの申込み完了の画面が表示されたらOKです。

STEP.6
受信メールをチェック

申込みが無事完了したら、登録時に入力したメールアドレスに「会員登録のお知らせ」「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」の2つが届きます。

※迷惑メールに入ることもありますので、届かない場合はチェックしましょう

こちらの情報は、wpX Speedの管理画面へのログイン情報になりますので、大切に保管しておきましょう。

wpX Speed|ドメインと紐付けする手順

次に、wpX Speedサーバーとドメインの紐付け作業を行っていきます。

ちなみに紐付けとは、サーバー会社とドメイン会社が異なる場合に必要になり、サーバー会社の「ネームサーバー」を使用するドメインに登録することで紐付けが可能です。

こちらの記事では、wpX Speedの「ネームサーバー」を、お名前.comで契約したドメインに登録してく手順を解説します。

STEP.1
ドメイン公式HPにログイン

まず、ご契約されているドメイン会社の公式HPから、管理画面にログインします。

次に、「ネームサーバーを設定する」をクリックします。

STEP.2
ネームサーバーを登録

次に、使用するドメインにチェックを入れてます。

 

今回はお名前.comのサーバーは使用しないため、「その他」タブをクリックして下記のような画面に切り替えます。

ネームサーバーの入力画面が表示されたら、wpX Speedのネームサーバーを入力し、「確認」をクリックする。

 

wpX Speedのネームサーバー

ネームサーバー1:ns1.wpx.ne.jp

ネームサーバー2:ns2.wpx.ne.jp

ネームサーバー3:ns3.wpx.ne.jp

»»wpX Speedのネームサーバー確認はこちら

STEP.3
完了

「完了しました」の表示になったら、ネームサーバーの設定は完了です。

wpX Speed|ドメイン追加の手順

ドメイン側でネームサーバーの設定が完了したら、次はwpX Speed側でドメイン追加の設定を行っていきます。

STEP.1
wpX Speedにログイン

wpX Speed公式サイトの「ログイン」をクリックし、サーバー契約完了時にメールに届いた管理パネルのログイン情報を使ってログインします。

 

STEP.2
ドメイン追加画面へ

ログインが出来たら、「サーバー管理」→「ドメイン追加設定」をクリックする。

 

「ドメイン追加設定」の画面に入ると、下記のように「◯◯◯◯.wpx.jp」のサブドメインが表示されます。

しかし、Googleアドセンスでマネタイズする場合は、サブドメインは使用できないので、こちらのドメインは使用しません。

そのため、このサブドメインは無視して新たに契約したドメインを追加していきましょう。

STEP.3
ドメインを追加する

「ドメイン追加」タブを選択して、契約したドメインを入力。次に「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

STEP.4
ドメイン追加の認証画面

ドメイン追加の認証画面が表示されますが、デフォルト設定のままで「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

 

確認画面が表示されますので、問題なければ「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

STEP.5
完了

こちらの画面が表示されたら、ドメイン追加は完了です。

wpX Speed|ワードプレスのインストール手順

wpX Speedのサーバーにドメイン追加が完了したら、次はワードプレスをインストールしていきます。

STEP.1
ワードプレスをインストール

ドメイン追加設定の流れだと、下記のような画面になっていると思いますので「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリックします。

 

もしトップページに戻ってしまった場合は、サイドバーの「新規インストール」をクリックしてもOKです。

STEP.2
タイトル2

 

  1. サイトアドレス:追加したドメインを選択
  2. WordPressID:ワードプレスへログインするときのID
  3. ブログタイトル:運営するブログのタイトルを決めましょう(後からでも変更可能)
  4. メールアドレス:管理しやすいアドレスを入力
  5. 独自SSL:上記2箇所にチェック

 

※独自SSLとは

今のWebサイトはほとんどが独自SSLです。とりあえずセキュリティが強いサイトという認識くらいでOKだと思います。

独自SSLで無いのサイトは「http」で、独自SSLのサイトは「https」となっており、「s」があるかないかで見分けることが可能です。

STEP.3
確認画面

必要項目の入力が完了し、問題なければ「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。

STEP.4
完了

この画面になったらインストール完了です。初期パスワードが表示されますので、大切に保管しておきましょう。

 

ただし、すぐにはブログを表示することは出来ませんので、表示のある通り15分ほど待ちましょう。

STEP.5
ログイン画面を開く

最後にワードプレスへのログイン手順について解説していきます。

ワードプレスにログインするためには、契約したドメインの後ろに下記のように「/wp-admin」を追加してブラウザのURLバーから検索します。

ログイン画面のURL:http://◯◯◯◯.com/wp-admin

 

ログインできる状態であれば、下記のような画面が表示されますので、先ほどワードプレスのインストール完了時の情報を入力し「ログイン」をクリックします。

 

STEP.6
完了

無事ログインができ、このような画面になりましたら完了です。お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です