老後までに必要な貯金はいくら?若いうちに収益の柱は増やしておこう

僕が脱サラを本気でしたいなぁと思った理由の一つに、老後をゆっくり過ごしたいなぁということがありました。

これについてよく友人から聞かれるのが「だったら会社を定年まで働いた方が良いのでは?」と言われます。

しかし、老後に必要なお金についていろいろ調べてみると、

「老後までに3000万貯金が無いといけない」

「老後までに1億円貯金が無いといけない」

などなどたくさん情報があり、20代なかばの貯金が殆ど無い僕にとっては「到底たまらない金額だ。」と感じましたw

  • 会社を続けていたら定年したときに退職金がもらえる
  • 年金をちゃんと収めていたらちゃんと将来もらえるから

 

というのがホントにそうなのか?と心配だったので、それなら会社辞めて他の方法で貯める!と思い脱サラしました。

今回は若者こそ本気で考えたほうが良い老後までにいくらお金が必要なのかについてまとめてみましたので見ていきましょう。

 

老後までにいくらお金を貯めればOK?

老後までに必要なお金について調べてみると、「3000万円」と「1億円」というキーワードがよく検索でヒットされました。

結婚していて夫婦2人暮らしの場合で調べてみるとこのようになるのですが、2つのケースをまずは見ていきたいと思います。

 

3000万円の貯蓄の場合

60歳以上で無職の場合、夫婦二人の平均支出は毎月約24万円と言われているみたいです。

65歳で定年だったとして、平均寿命は男性が80歳で女性が87歳くらいらしい。

ざっくり計算で60歳から20年生きると計算すると支出は、

 

[24万円の支出×12ヶ月]×20年=5760万円の支出

↓↓

貯金額3000万円ー5760万円の支出=2760万円不足

 

働かずに何も贅沢しなくて平均支出していると2760万円の不足になるのですが、ここで「退職金」「年金」の登場ですよね。

退職金の平均は、大卒の僕はもし会社にずっと努めていたら約1900万円

年金の平均は、国民年金の場合、夫婦で毎月約11万円、夫のみ厚生年金の場合は約22万円でした。

 

支給が今ともし変わらなくてもし僕が会社を続けていたら、65歳から80歳まで生きて15年間もらえるので、

[22万円×12ヶ月]×15年=3960万円

なるほど、退職金と年金で余裕で不足分をカバーできますよね。

1億円が必要という場合だとどうなるでしょか?

 

1億円の貯蓄の場合

1億円支給が必要という場合は、素人なりに考えた結果、また他の情報サイトなどを見ていると退職金や年金を当てにしないということを計算しているようなんですが、退職金の平均支給額は実際のところ10年で約400万円減少しているらしい。

 

引用:NIKKEI STYLE

 

なおかつ年金の支給額は65歳からもらえるというわけにはいかないだろうし、少子高齢化が進み年金の貯蓄額も無いという話もよく聞くので年金がもらえると本気で自信を持って言える人は少ないのが現実ですよね。

 

 

年金がもらえない可能性がある!について詳しく解説してるサイトがありますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

保険ROOMさん:将来、年金がもらえない可能性がある?年金制度の実情を解説!

 

先程記載した「3000万円の場合」はあくまでも全国平均の支出額なので、老後はゆっくり旅行をしたいなんて考えている僕のような方々は毎月の支出額も多めに計算しないといけませんよね。

そして平均寿命は上がってますので、60歳から85歳まで生きて医療費もそれなりにかかったと考えたときに、平均支出額を夫婦2人で34万円と考えます。

 

ゆとりある老後↓

[34万円の支出×12ヶ月]×25年=1億200万円の支出

↓↓

貯金額1億円ー1億200万円の支出=200万円不足

 

足りない200万円は資産運用などで増やさないといけないですねw

1億円あれば老後の生活の最初の10年位は、4000万円を年利3%で資産運用すれば、

 

引用:野村證券

 

こんなに綺麗に上手くいくとは思えないですが、約1300万円増えましたw

1億円あれば現金もあるので生活には苦労しないですよね。

 

3000万円だと資産運用するお金が少なくなってしまうので、ギリギリ感が否めないし、年金と退職金に頼っているので不安なまま生活しないといけませんよね。

 

今のまま会社で働いていて貯金が出来るのか?

では今のまま会社員を続けていて果たして1億円の貯金はできるのでしょうか?

 

引用:保険コネクト

 

70歳以上で3000万円すら下回ってますw

年配者ですらこの平均貯金額ですから、マネーリテラシーがアジアで最下位の日本の若者が老後までに到底1億円なんて貯金できるわけがないと思いました。

それなら40歳までに頑張って2000万円くらい副業でお金を稼いでこれを老後まで資産運用する方が良いかも。

正直僕は、副業をする暇さえないサラリーマンを続けている方がリスクが高いと思い脱サラしましが、3人に1人が副業を求めているということに納得ですよね。

 

「ちゃんと退職金と年金がもらえるんだから老後までは3000万円貯めとけば良いよ。」

 

これを信じていくと、もしそうならなかったときに苦労するのは自分なので、どうせ苦労するなら若いときに苦労して老後はゆっくりしたいと思いました。

そしてもし20代とか僕のようなアラサーで貯金なんて全く無いよ、とか貯金できる気がしないという方は、間違いなくもう一つの収入の柱を作っておかないとかなり怖い老後が待っている可能性がありますので20代からしっかり準備して行きましょう。

保険ROOMさん:将来、年金がもらえない可能性がある?年金制度の実情を解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です