ネットビジネス

アドセンス対処法「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。」

 

 

このエラーは何?「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。」

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

ぞにお
ぞにお
なんだこのエラーは??

 

なんかアドセンスの不正利用を防ぐセキュリティに関することみたいなんですけど、収益に重大な影響が出るということで対処したことをご紹介します。

 

問題の対処方法を3ステップでご紹介

僕のアドセンスを導入しているブログは複数あるのですが、サーバー使用環境はこちら↓

  • ブログ:ワードプレス
  • サーバー:Xサーバー、WPXクラウド

 

ワードプレス&Xサーバーの環境でブログ運営している方が多いと思います。

今回はこのアドセンスのエラーを消す方法について以下の3ステップでご紹介していきますね。

 

  • ステップ1:「ads.txt」ファイルを作成する
  • ステップ2:利用中のサーバーに「ads.txt」ファイルをアップロードする
  • ステップ3:エラーが消えたか確認する(24時間〜3日くらい待つ)

 

※上記サーバー以外をご利用の方はステップ2の方法が異なると思いますので予めご了承くださいませ。

 

ステップ1:「ads.txt」ファイルを作成する

まずはGoogleさんのヘルプページに沿って進めていきたいと思います。

 

今回のエラーに関するGoogleヘルプページ

 

テキストファイルで「ads.txt」を作成する必要があるみたいです。

ファイルの中身は以下のようにします。

 

ファイルの中身

 

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

 

こんな感じになります↓

 

 

自分のアドセンスの「pub-0000000000000000」の確認方法は、

 

 

  1. Googleアドセンス管理画面
  2. アカウントをクリックすると確認可能です

 

次にテキストファイル(.txt)を作成するのですが、

 

  • Macユーザーは「テキストエディット」(最初から入ってます)
  • Windowsユーザーは「メモ帳」(最初から入ってます)

 

を利用して作成できます。

僕はMacユーザーなので「テキストエディット」を使った作成方法をご紹介します。

 

 

Macの「テキストエディット」ですが、標準(デフォルト)の保存形式が「.txt」では無かったので、保存の前に「フォーマット」→「標準テキストにする」という操作が必要でした。

保存するときの名前はGoogleアドセンスのヘルプに従い「ads」にしておきましょう。

 

 

ステップ2:利用中のサーバーに「ads.txt」ファイルをアップロードする

僕がワードプレスで使用しているサーバーは、XサーバーとWPXクラウドの2つがありますのでそれぞれ紹介していきます。

 

【Xサーバーの場合】

Xサーバーのファイルアップロード方法は簡単です。

まずはインフォパネルにログインして「ファイル管理」をクリックします。

 

 

 

次にアドセンスを導入しているドメインをクリックして「public.html」をクリックして進みます。

「public.html」の中でステップ1で作成した「ads.txt」のファイルをアップロードします。

 

 

 

これで完了↓

 

Xサーバーに複数のブログを入れている方は、同じ作業を他のドメインでも行ってくださいね。

 

 

【WPXクラウドの場合】

WPXクラウドの場合は少々厄介です。Xサーバーのように管理画面から直接ファイルのアップロードが出来なかったため、FTPソフトを使ってサーバーにファイルを挿入する必要があります。

初心者さんにとっては少しハードルが高くなりますが、いずれFTPソフトは使う時が来ますので今のうちに慣れておくという意味でチャレンジしてみるといいと思います。

ぞにお
ぞにお
ちなみに僕もFTPをいじるのはそこまで詳しくありませんw

まずは、FTPのソフトをインストールしましょう。FTPのソフトはたくさん種類がありますが「FileZilla」がとても使いやすいのでおすすめです。

 

FileZillaのインストールと起動までの流れ

>>FileZillaダウンロードページ

 

左側のダウンロードボタンをクリックする。

 

緑のボタンをクリックする。

 

右下の緑のボタンをクリックしてダウンロードします。

 

ダウンロードしたファイルを開く。

 

同意する「Agree」をクリックする。

 

ダブルクリックして進みます。

 

「continue」をクリックする。

 

ここはスキップします。同意すると余計なソフトが入ってしまいますので注意。

ここもスキップします。

 

「Finish」を押して完了!

 

 

【WPXにads.txtを入れる手順】

  1. WPXクラウドでFTPアカウント設定をする(設定済みの方は不要)
  2. FileZillaでサイトにログイン
  3. 「ads.txt」ファイルをコピペ

 

WPXクラウドにログインしたら「WordPress設定」を開きます。

WordPress設定の中の「FTPアカウント設定」をクリックします。(最初はOFFになってると思います)

 

 

 

 

 

メモしておきましょう↓

  • FTPアカウント名:(ドメイン)
  • FTPホスト名:(ドメイン一部).wp-x.jp
  • パスワード:自動生成されたPW

 

WPXでFTPアカウント設定が完了したらFileZillaを起動して、上記の3つの情報を使ってログインしていきます。

 

 

 

この順番で入力する、他はデフォルト設定のままでOK。

  • ユーザー名 → FTPアカウント名:(ドメイン)
  • ホスト名  → FTPホスト名:(ドメイン一部).wp-x.jp
  • パスワード → パスワード:自動生成されたPW

 

接続が完了すると下記のような画面になります。

左側がPC、右側がサーバー側なので、PC側から「ads.txt」を保存している場所を探します。

「ads.txt」のファイルを選択して右クリック→「アップロード」の手順で右側のサーバーへファイルを移せたら完了です。

WPXクラウドは1サーバー1ドメインなので、サーバー側の保存場所は、下記のような画面でOKです。

 

\クリックすると大きく見れます/

 

3の場所に「ads.txt」のファイルが追加できたら完了です!

 

ステップ3:エラーが消えたか確認する(24時間〜3日くらい待つ)

 

全てのアドセンスを導入しているサイトに上記の設定を施してしばらく放置。

約24時間後の次の日に再度アドセンスの管理画面をチェックしてみるとエラーの表示が消えてました。

一応みんなの様子を見ていると、平日なら24時間、土日なら土日明けてそこから24時間以内、というような肌感覚です。

しばらく経ってもなかなか表示が消えないという方はGoogleアドセンスのヘルプセンターに直接お問い合わせしてみることをお勧めします。

>>AdSense サポート チームに問い合わせる